28臨床研究会とは、8人の歯科医師が日々研鑽している研究グループです。
の表面にバイオフィルムをつくらないこと!
虫歯菌と砂糖の出会いを阻止!

 甘いものをダラダラ食べ、歯磨きを怠ると歯の表面に虫歯菌が砂糖中成分(ブドウ糖)を分解しヌルヌルネバネバしたもの(多糖体グルカン)をつくります。さらにどんどん生産されて、厚みを増していきます。これがバイオフィルムなのです。(下図を参照)
身近では、ご家庭のお風呂の洗面器の裏側などのヌルヌルしたのも細菌がつくるバイオフィルムの一種なのです。

バイオフィルムは、むし歯菌や歯周病菌をつくる「製造工場(菌の繁殖場所)」と言ってよいでしょう。
この歯表面に強固に付着したバイオフィルムは、歯ブラシで一生懸命に磨いても簡単には除去することは困難です。
歯科医院で専用の器械を使って機械的な歯面清掃をすればバイオフィルムを簡単に除去することができ、「虫歯リスク」も「歯周病リスク」も激減します。
定期的に器械を使って「歯のクリーニング」することが大切です。
バイオフィルム除去後は歯ブラシでゴシゴシと強く磨く必要はありません。
なぜなら、虫歯菌や歯周病菌がいない(激減している)わけですから、毛先が細い歯ブラシや音波歯ブラシなどでやさしく磨くだけで十分です。さらに、寝る前に「フッ素ジェル」などを使用するとより効果的です。

<図のバイオフィルムについて>
ピンクや青く染まった部分が バイオフィルムです。ネバネバ、ヌルヌルした感じですね。
ここが虫歯菌や歯周病菌の製造工場です。これを除去すると虫歯や歯周病が激減します。

  
歯のことでお困りの方は、28臨床研究会へご相談を!!
Copyright 2006 28臨床研究会.