28臨床研究会とは、8人の歯科医師が日々研鑽している研究グループです。


歯科医療では「インフォームド・コンセント」という言葉が標準化され、治療を行う前には、必ず担当医が説明を行い患者さんに納得していただいたうえで、診療を開始するというスタンスが一般的になりました。

28臨床研究会が考える歯科医療とは、一般的な小さな虫歯の治療はもちろん。がんなどの腫瘍、事故などによる外傷、顎顔面の奇形、自己免疫疾患など、状況に応じ幅広い技術を必要とされます。 しかし歯科医師も全てをカバーできるほど万能ではないため、自ずと得意分野というものが生まれます。
各分野の専門医が分担し担当することで患者さんには安心してより良い治療を受けていただくことが可能となっています。
歯科の分野でも、技術は日々進歩しています。最新鋭の技術を逐一チェックし本当に必要な技術なのか28臨床研究会で検証し見極め提供しています。
 

- 歯科医療の知識 -
歯科予防/歯の病気
むし歯から歯を守る 虫歯予防には 歯周病の脅威
歯並びのチェック はぎしり抑制装置  
歯科医療技術
矯正治療について インプラント技術とは ホワイトニングとは
レーザー治療について 歯を失ったら  

歯のことでお困りの方は、28臨床研究会へご相談を!!
Copyright 2006 28臨床研究会.